ABOUT ANNA

ANNA SUI'S BIOGRAPHY

ひたすら自分の夢を見つめ続けることが大事。たとえそれが、常識はずれなものだとしても。

着る人の想像力を掻き立てるAnna Suiのコレクションは、ファッション界でもきわめてユニークな存在。アナは、ビンテージスタイルに彼女を惹きつけるカルチャーを組み合わせ、ヒップで生き生きとした個性的な洋服を次々と生み出しています。ビクトリア調のカウボーイ、ウォーホルのスーパースター、フィンランドプリントのテキスタイルなどインスピレーションの源がどのようなものであれ、アナがさまざまな文化に対する豊富な知識を持っていることは、デザインの中に明らかに表れています。「何かに興味を持ったら、とことんまで追求したくなるの」とアナは言います。「その背景にあるもの全てを知らないと気が済まないの。それに、物事を深く理解していく過程は本当に楽しいものよ。」 新しいアイデアと挑戦を絶えず探し求める姿勢こそが、時代の先頭を走るデザイナーであり続けられる秘訣だと言えるでしょう。アナは、スタイリストやエディターが次の流行を予想するときに手がかりとする、真のトレンドセッター。無限のエネルギーと独創性に満ちたアナのランウェイショーは常に、ニューヨーク・ファッションウィークのハイライトとして注目を浴びています。

自らのインスピレーションを追い求めることで、人々の想像力を刺激し続ける。

アナ・スイのデザイナーとしてのキャリアはまさに、アメリカンドリームの実現と言えます。アナはこう語ります。「ひたすら自分の夢を見つめ続けることが大事。たとえそれが、常識はずれなものだとしてもね。そうでなければ、デトロイトの郊外から来た若い女の子がニューヨークで成功をつかむことなんてできなかったでしょう。この夢が私を支えてくれたのよ。」 今日、Anna Suiは8カ国で50店以上のブティックを展開し、Anna Suiコレクションは30を超える国の300店のストアで販売されています。アナは今でも、小さな女の子だった頃に抱いていたのと変わらない、ファッションへの純粋な愛を持ち続けています。彼女は4歳でデザイナーになると決めて自分で洋服を作り始め、「1年間毎日違う服を着る」など変わった決まりを取り入れながら、熱心に洋服作りを学びました。「心底取り憑かれていたわ」と彼女は当時を振り返ります。「両親はよく我慢してくれたものね。」 ハイスクールの最終学年が終わる直前、ニューヨークにあるパーソンズ・スクール・オブ・デザインへの入学が認められました。パーソンズで2年間学んだ後、スタイリストとして友人のスティーブン・マイゼルと共に働き、スポーツウェア会社数社でデザインの仕事をし、1981年に最初のコレクションを発表しました。1980年代を通じてビジネスは順調に成長を続け、1991年には最初のランウェイショーを開催。翌年、初のフラッグシップストアをソーホーのグリーン・ストリートにオープンしました。ブティックの店内は黒を基調としたビクトリア調の家具、紫色の壁、パピエマシェのドールヘッド、ロックンロールなポスターがミックスされた躍動感に満ちた空間。アナらしいデコラティブなスタイルがそのまま活かされたこのブティックは、以降すべてのAnna Suiショップのモデルとなっています。目覚ましい成長を遂げた1990年代後半、Anna Suiは東アジア地域へ進出して大きな成功を収め、熱狂的なファンを急速に獲得していきました。また化粧品、フレグランス、靴、アクセサリーのライセンス展開も開始しました。すべてのAnna Sui製品には、アナのディテールへのこだわりが表れ、彼女独自の世界と密接に結びついています。Anna Suiを象徴する化粧品のパッケージとフレグランスボトルは、コレクターアイテムとしても人気です。

アナは、自分の心を捉えた物事に全身全霊を傾けることで知られます。ロックンロールへ傾倒するアナが作り出す洋服はまさに、ロック界のスーパースターにこそふさわしいアイテム。またランウェイでかかる楽曲は毎シーズン注目の的となっています。ショッピングを愛するアナはさまざまな都市の最高のショッピングスポットを知り尽くしており、インテリアデザインに情熱を持つ彼女のニューヨークのアパートメントは、ため息が出るような素晴らしさ。アナは自らのインスピレーションを追い求めることで、人々の想像力を刺激し続けています。

ストア展開と商品販売

ANNA SUI ブランドの歴史

1991

最初のランウェイショー。

1992

ソーホーのグリーン・ストリートに
最初のブティックをオープン。

1992

米国ファッションデザイナー協議会(CFDA)の
「Perry Ellis」賞(ペリー・エリス賞)を受賞。

1997

東京と大阪に初となる独立のAnna Suiブティック2店をオープン。
伊勢丹が日本におけるAnna Suiレディースコレクションの流通と販売を手がけるメインライセンシーに。
またサブライセンシーを通じたAnna Suiアクセサリー製品の製造も開始。
伊勢丹子会社のマミーナが、Anna Suiのショップ・イン・ショップと独立のブティックを含むデパートと専門店の販売代理店に。

1997

ドイツのWella AG(現在はP&G Prestige Productsの一部門)とシグネチャーフレグランスの開発に関する契約を締結。また日本の化粧品メーカーのアルビオンとシグネチャー化粧品ブランドのための化粧品ライセンス契約を締結。

1999

シグネチャーフレグランスの「Anna Sui」と化粧品ラインを発売。

2003

フレグランス「Dolly Girl」を発表し、その後Dolly Girlシリーズとして限定生産のフレグランス数点を発売。

2005

フレグランス「Secret Wish」を発売。米国のランジェリーと化粧品販売会社のVictoria's Secretが、米国限定で「Secret Wish」を販売。またVictoria's Secretは2006年初めよりAnna Sui Cosmetics製品の取り扱いを開始。

2006

Mattelより、限定バージョンのバービー人形「Anna Sui Boho Barbie」を発売。

2006

一部のVictoria's Secretストアで、Anna Sui for Victoria's Secretランジェリーを期間限定販売。

2008

16歳から25歳の若い女性をターゲットとしたDolly Girlコレクションを日本で立ち上げ。

2008

ANNA SUI Cosmetics10周年。

2009

ベビー服コレクションのAnna Sui Miniを日本で立ち上げ。

2009

Anna Sui Fragrance and Cosmetics 10周年を記念して、Anna Suiフレグランス9点目となるシグネチャーフレグランスの「Live Your Dream」を発売。Anna Suiフレグランスの全ラインナップ:Anna Sui(1999)、Sui Dreams(2000)、Sui Love(2001)、Dolly Girl(2003)、Secret Wish(2005)、Secret Wish Magic Romance(2006)、Flight of Fancy(2007)、Night of Fancy(2008)、Live Your Dream(2009)。

2009

中国の「Classic Icon of Fashion and Design」賞(時尚和設計経典偶像)に選ばれ、北京で開催された中国ファッションアワードで同賞を授与される。

2009

米国ファッションデザイナー協議会(CFDA)の「Geoffrey Beene Lifetime Achievement」賞(ジェフリー・ビーン生涯功労賞)を受賞。

2009

Target®と提携し、Anna Sui for Target®コレクションを立ち上げ(一部のTarget®ストアとwww.Target.comで販売)。

2009

フレグランス「Rock Me!」を発売。

2010

アナ・スイが、初めての本として過去20年間のランウェイショー、雑誌や新聞の記事、セレブとの交友関係などについて語った回顧録を出版。『Anna Sui』と題された本はChronicle Booksからの発行で、著者はアンドリュー・ボルトン。

2010

フレグランス「Forbidden Affair」を発売

2011

Hush Puppiesと提携し、限定バージョンのシューズコレクションを発表。最初のコレクションは、2011秋のファッションショーでデビューを飾る。

2011

InterParfumsと10年間の世界的独占フレグランス契約を締結。InterParfumsはAnna Suiブランドの下で、香水とフレグランス関連商品の開発、生産、販売を手がける。アルビオンは引き続き、化粧品のデザインと販売のライセンスを保有。

2011

高級トラベル用品、ビジネス用品、ライフスタイルアクセサリーのトップブランドであるTumiと提携し、トラベルバッグとラゲッジバッグのコレクションを開発。「Tumi Vapor&trade International Carry-On」ケースと「Just In Case&trade」トートバッグ、Anna Suiの2012春ファッションショーでデビューを飾る。

2012

Coachと提携し、Anna Sui for Coachラインを発表。1972年に発表されたオリジナル版を大胆にアレンジした「Fleur-de-Lis Duffle」、Anna Suiビンテージプリントのツイルライニングを施した「Dragonfly Duffle」の2点の限定バージョンバッグを発売。

ANNA SUI'S FAVORITE THINGS

ROCK PERSONALITIES

Keith Richards, Johnny Thunders, Jack White, Jimmy Page, Bob Dylan

CURRENT BAND

Black Keys, Dillon, The Cults, The Like, Best Coast, Dom

CITIES

NYC, London, Beijing

MOVIE STARS

Louis Garrel, Gary Cooper, Peter O'Toole, Pierre Clemente, Michael York

FASHION DESIGNERS

Ossie Clark , Emilio Pucci, Paul Poiret, Zandra Rhodes

ILLUSTRATORS

Walter and Naiad Einsel, John Alcorn, Anne Marie Barden, Antonio Lopez, Kenneth Paul Block, David Weidman

ACTIVITIES

Flea markets, Shopping, Seeing bands, Watching movies, Visiting museums

PHOTOGRAPHERS

Steven Meisel, David Bailey, Cecil Beaton, Sarah Moon, Mick Rock, Jim Marshall

ARTISTS

George LePape, Christian Berard, Aubrey Beardsley, John William Waterhouse, Edward Burne-Jones

COSMETICS

Anna Sui Lip Rouge in #400, Anna Sui Rose Cheek Color in #400, Anna Sui Liquid Eye Liner in #001

PERFUMES

Secret Wish, Nahema by Guerlain, Fracas by Robert Piquet

STYLE ICONS

Duchess of Windsor, Anita Pallenberg, Marisa Berenson, Lou Lou de la Falaise, Sally Bowles, Jane Forth, Minnie Mouse, Anna May Wong, Donna Jordan, Elizabeth Taylorn

FILMS

Anything by Max Ophuls, Anything by Jean Renoir, Anything by Michael Powell and Emeric Pressburger, Darling (Dir. John Schlesinger), Far from the Madding Crown ( Dir. John Schlesinger), XY and Zee (Dir. Brian G. Hutton)

WARHOL SUPERSTARS

Jane Holzer, Donna Jordan, Joe D'Alessandro

ECCENTRICS

Marchesa Casati, Helena Rubenstein, The Sitwells, Lady Ottoline Morrell, Rose Cummings, Madeleine Castaing

MUSEUMS

Neue Gallery (NYC), The Met (NYC), Victoria and Albert Museum (London), Museum of Applied Arts (Budapest)

BOOKS

Le Morte D' Arthur ? Sir Thomas Malory, The Lion, the Witch and the Wardrobe - CS Lewis,The Golden Compass ? Philip Pullman, Wild Asses' Skin ? Honore Balzac

INTERIOR DESIGNERS

David Hicks, Madeleine Castaing, Rose Cummings, Tony Duquette