ANNA SUI SPRING 2017
RUNWAY
PHOTOS
/

ミス・アメリカン・パイ

2017年春に向けた私のインスピレーションは、「アメリカン・フォーク・アート」でした。私の言動全ての背景には常に根強くポップカルチャー・アメリカーナの精神があり、今シーズンは特に、自分自身のルーツに立ち戻り再確認し、それを祝いたかったのです。

ニューヨーク歴史協会では、彫刻家エリー・ナーデルマンによる素晴らしいフォーク・アート作品の展示会を訪れる機会に恵まれました。また、アメリカン・フォーク・アート博物館では、魅惑の「フリー・メイソンとオッドフェローズのレガリア」の展示会も開かれていました。どちらの展示会とも粋な手彫の木製品が特に私の目を引きました - 看板、カルーセルの馬、床屋の螺旋看板、祝賀用品、サーカスワゴン、煙草屋のインディアン達 - 全てが、多種多様なアメリカン・イコノグラフィーを象徴するものでした。

私のショーでは、紫、ラベンダー、マゼンタ、栗色、ピンク、クローバー、サンシャイン・イエロー、そして勿論、赤・白・青色などの衣装で身を包んだカウボーイ、チアリーダー、船乗り、ムービークイーンなどによる選り取り見取りのパレードがランウェイを華やかに彩ります。

ショーの演出には、フリンジのついたレザーポシェット、マラブーで出来たベッドルーム・スリッパ、縞模様の運動用靴下、ラインストーンの星型ブローチ、ツートンカラーのボーリングシューズ、キャッツアイ・サングラス、レザーのハンドバッグ、厚底サンダル、巨大なバラのコサージュ、エアブラシで塗ったVansシューズ、そしてマーメイド・カウボーイ・ハットを用いました!

ジーン・ハーロウ主演の映画祭を最近テレビで見たのがきっかけで、自分のショーのフィナーレは彼女へ捧げようと思い、イメージが湧いたのです ― パウダーブルー、ミント、モスグリーンやグリーンティーなどふんわりした色合いのクラシック・ブドワール調 ― サテンで出来た柄つきサテンペニョワール、着物、ナイトウェア、スリップ、パジャマ、タップ・パンツなど。

私のファッション・ショーの招待状と背景幕の主役は、キュートなアンティークのドールハウスです。レースで縁取ったり、コレクションの中から選んだ苺柄の紙を貼り付けたり、またドレスデン・ペーパーローズや、切り抜きカーペンター・ゴシック・ハウスで飾り付けたり・・・そしてフロントステップには大きな一切れのアップルパイが置いてあります!

今シーズンのサウンドトラックは、クラシック・カリフォルニア・フォーク・ロック(新旧関わらず)満載です:Buffalo Springfield, The Byrds, The Mamas & the Papas, Deerhunter, Sunflower Bean, Frankie and the Witch Fingersなど。

Pinterest Mood Board(ピンタレストムードボード)
https://www.pinterest.com/worldofannasui/spring-2017-moodboard/


“The Folk Art Collection of Elie and Viola Nadelman” –New-York Historical Society–
(「エリーとビオラ・ナーデルマンによるフォーク・アート・コレクション 」– ニューヨーク歴史協会–)
http://www.nyhistory.org/exhibitions/folk-art-collection-elie-and-viola-nadelman

“Mystery and Benevolence: Masonic and Odd Fellows Folk Art from the Kendra and Allan Daniel Collection” at the American Folk Art Museum
(「神秘と博愛:ケンドラとアラン・ダニエル・コレクションによるメソニックとオッドフェローズのフォーク・アート」)–アメリカン・フォーク・アート博物館にて –
http://folkartmuseum.org/exhibitions/mystery-and-benevolence-masonic-and-odd-fellows-folk-art-from-the-kendra-and-allan-daniel-collection/